京都駅から電車・徒歩で10分京都伏見のフットサルコート、フットサルスクエア京都南のオフィシャルサイトです。スーパー銭湯「力の湯」併設!

075-642-2036

営業時間 : 平日/10:00~26:00
土・日・祝日/8:00~26:00

※電話受付/24:00まで

BLOG
ブログ
CATEGORY
ARCHIVE
4秒ルールの時のアドバンテージは適応されない?!

アドバンテージとは

フットサルにおいてのアドバンテージ・プレーオンについて解説します。

競技中、相手側のファールが起きたにも関わらず、味方側が有利な状態であればアドバンテージを取り、プレーを続行するかどうかを審判は判断する事ができます。例えば、ゴールクリアランス(アウトオブプレーからのキーパースロー)のときに攻撃側の競技者がペナルティーエリア内にいても、ゴールキーパーがすばやくゴールクリアランスを行いたいと思われるならば、アドバンテージの適用が認められる。カウンターの時などでよく起こりますね!

 

では、4秒ルールを違反した時のアドバンテージの適応はどうなるのか!?

結論から言うと、前回の4秒ルールのお話しにもあった、フリーキックやキックイン、ゴールクリアランス、コーナーキックで4秒が経過した場合はアドバンテージが

適応されません

例えばキックインで4秒経過後、慌てて蹴ったボールがインプレー中の競技者に当たりゴールに入ってしまった。

この場合、4秒ルールが適応されゴールは無効。相手競技者のキックインで再開となります。

 

結論:フリーキックやキックイン、ゴールクリアランス、コーナーキックで4秒ルールを違反した時はアドバンテージは適応されません

 

ちょっと待って?4秒ルールが適応される条件ってもう一つあったよね?

キーパーが自陣内で4秒以上ボールを保持した場合のアドバンテージはどうなるのか?

 

競技規則に書いてました!

フットサル競技規則 第5条

4 秒ルールの違反に対するアドバンテージは、認められない。ただし、ピッチのゴールキーパーの味方半分内でボールが既にインプレー中であり、ゴールキーパーがボールをコントロールして 4 秒ルールに違反した後、ゴールキーパーがボールを失った場合、アドバンテージが認められる。その他の、フリーキック、キックイン、ゴールクリアランス、コーナーキックのときはアドバンテージを適用することはできない。

なるほど!!

 

結論:4秒ルール違反は基本アドバンテージを取れない。ただし、インプレー中のゴールキーパーの4秒ルール違反のみアドバンテージが適応されることがある。

 

勉強になりましたか?

4秒ルールについて詳しく知りたい方は前回の記事【フリーキックって4秒カウントしないの?】をチェックしてみて下さい!


075-642-2036

  • 営業時間 : 平日/10:00~26:00
  • 土・日・祝日/8:00~26:00

※電話受付/24:00まで

FOLLOW US

SNSでフットサルスクエアをフォロー!

株式会社メゾネットは、みなさまのロハスで健康な暮らしを応援しています。