京都駅から電車・徒歩で10分京都伏見のフットサルコート、フットサルスクエア京都南のオフィシャルサイトです。スーパー銭湯「力の湯」併設!

フットサルスクエア京都南

0756422036

トップページ > スタッフブログ > 「 まつこう 」の記事

スタッフブログ

「 まつこう 」の記事

2018.7.29

親子フットサルイベント開催

カテゴリー:まつこう

フットサル愛好者の皆様!暑い日が続いておりますが、フットサルしていますか?

今日はいつもスクールに来てくれている子供たちと、保護者の方と一緒にボールを蹴りました!スクールのイベントとして、親子フットサルイベントを実施しました。普段のトレーニングでやっていることや、親子でのパスからのシュート、親子対決と、ワイワイと約2時間楽しみました!

 

お母さん達のハッスルする姿は楽しかったですし、お父さんのプライドも垣間見えて、またやりたいなと強く感じました!(もう少し涼しい時期に・・・。反省)

フットサル、サッカーの難しさを共感して、その上でお互いの成長に繋がるような関係を築いていって欲しいと思います。

 

わたしも、指導者としても、親としても、プレーヤーとしても、まだまだ成長していかなくてはいけないと痛感しました。

 

ご参加頂きました皆さん!ありがとうございます◎

 

sdr

スクールは毎週金曜日に活動しております!スクール生募集中!!

http://2036.jp/school-junior/

2018.7.3

ワールドカップはまだまだ続く・・・

カテゴリー:まつこう

2018年、ロシアの地での、

 

 

日本代表の闘いは

 

 

幕を閉じました。

 

 

 

 

始まりは3ヶ月前。指揮官交代というニュースに日本列島が揺れましたね。

 

 

開幕戦では、神風が吹いて、強大な敵を倒すことが出来ました。

 

 

もう恐い物はありません。アフリカの猛者を相手にも自信をもって対等に戦うことが出来、ドロー。

 

 

意気揚々と挑むかと思った、リーグ最終戦。先を見据えた選手起用。先を見据えてリスクを犯した戦略。ベスト16の為に・・・。

 

 

またまた、列島が沸きました。今後の日本サッカー界に大きなメッセージを残す試合となりました。

 

 

そんなこんなで、掴んだ悲願のベスト16。ベスト8を賭けて闘う相手は今大会屈指のタレント軍団ベルギー。

 

 

そんなチーム相手にも、小さな身体で勇敢に守り、小気味良いパスやドリブルで攻め、相手と互角以上に渡りあい、世界中の誰が予想したでしょうか?

 

 

2点先取。1点ではなく、2点。日本代表が世界トップのチームを翻弄している。

 

 

強い相手に2点先取したときの、なんともいえない感情、どうしてよいかわからない思考・・・。経験ありませんか。

 

 

宝くじで100万くらい当った感覚と同じです。どうしてよいかわからず、なんか使ってたら貯金なくなってた。みたいな。違うかな。

 

 

いやらしくいやらしくボールを回して、相手を疲弊させて、バランス崩れたところを攻める。守備では油断せず、良いポジショニングをとって、ヘルプやプレスでハードワークを続ける。それでやられたら仕方ない。

 

 

しかし、これはワールドカップ。相手も、己のメンタルも、そんな簡単ではなかったのでしょう。

 

 

ブラジルはしたたかです。テクニックを駆使して時間を使い、転んでは時間を使い、演技をして時間を使い、冷静になる時間を増やします。逆に相手の興奮を助長させます。

 

 

歴史がそうさせたのでしょう。

 

 

そんなことを考えているうちに、3失点。ピッ、、、、ピッ、、、、、、、ピー、、、、、、、、、、。日本代表の挑戦は終わりました。

 

 

2014年からの計画、実行、チェック、改善は出来ているのか?実際これが一番難しいですよね。

 

 

選手やスタッフ、関係者の皆様お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

 

 

まだまだ、ワールドカップは続きます。ここからが面白いです!

 

 

各国代表の集大成を見届けましょう!

2018.6.23

ワールドカップを楽しめていない人だからこそ、楽しめるコトが、ここにある!!

カテゴリー:まつこう

ワールドカップ盛り上がっていますね!いいですね!

この期間だけでしょうが、テレビを置かなくなったのを若干後悔しています。ワンセグが大活躍です。SNSでの情報収集が大活躍です。

 

あまりサッカーを詳しく知らない方に、どうやったら楽しめますか?と聞かれます。確かにサッカーの得点シーンで90分試合を見ても3点入れば良いほうだし、スパープレーなんてもっと少ないだろうし、戦術的なおもしろさ、経験者にしかわからない技術的なところは、おもしろいと思えないですものね。

 

そんな方でもワールドカップを楽しんで貰える方法を教えます!というか、見つけてください。

 

 

わたしはオッズを調べたりして、大穴予想をして楽しんでいます。

某サイトでのこんなデータをご存知でしょうか?

クリップボード01

 

 

 

 

こちらは準決勝進出チームのオッズ。

 

 

クリップボード02

 

 

 

 

こちらは決勝進出チームのオッズ。

アルゼンチンやドイツがまだ上位にいるところを見ると、まだまだ捨てたもんではないという感じですかね。我らが日本を見てみると、グループリーグのどのチームよりも高いオッズです。

こういったデータをみて、みんなが予想していなさそうなことを当てるのが、わたしの楽しみ方です。

 

 

他にも、京都の人口よりも少ないアイスランドというチームが、世界を舞台に闘っているのなんて、大軍を相手にする少数精鋭の戦士映画みたいなものですし、いろんな選手がいるので、自分好みのイケメンを探すのも、ウォーリーを探せのようなおもしろさがありますし、カッコイイヘアースタイルを見つけてチャレンジするのも新たな世界を見ることになるし、おしゃれなユニフォームを見つけて、ファッションに取り入れて最先端感じるのも最高ですし、プレーにこだわらず独自の視点でワールドカップを楽しんでもらえたらと思います!

 

???????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

fayli

 

 

 

 

 

 

みなさんも自分なりの楽しみ方、見つけてくださいね!

2018.6.8

あと5日。優勝国予想は情報量が大事。

カテゴリー:まつこう

今夜はワールドカップのグループHの行方を占う大事な日になりそうですね。
日本はスイスと、セネガルはクロアチアと、ポーランドはチリとそれぞれ親善試合を行います。各チームどんな戦い方をするのか。コロンビアは全く親善試合をしていないようですね。そういう調整方法があっても良いと思いますが。

 

ワールドカップ前の大事なこの1戦。目をギラつかせて見届けようではありませんか!

ボールを保持するだけではなく、どうやって前進するか、どうやってフィニッシュにいくか、そこが見つかれば良い闘いが出来るのではないでしょうか。

 

 

その他の出場国では、ベルギーはエジプトを3-0で、イングランドはコスタリカを2-0、ポルトガルはアルジェリアを3-0と、強豪国流石という結果です。今年はリヴァプールが欧州を席巻したように、ロックンロールフットボールが、縦に早いサッカー(あれこれ解任された監督が言うてたやつやん…。)が、このワールドカップでもクローズアップされると予想しています。スペイン、ドイツのポゼッションがそれを上回って優勝するのも見てみたいですが、これでもかっていうくらい様々なハイテク技術を使って研究されているでしょうし、難しい大会になる予感です。

 

 

さぁ、あなたの優勝国予想は?

http://2036.jp/news/?p=1901

 

WC1弾×2弾

 

2018.5.31

あと13日!フットサル好きなら当り前・・・ part.8

カテゴリー:まつこう

日本代表vsガーナ代表戦ご覧になられましたか。

このメンバーでどこまで仕上げられるのか。他国に勝る部分はどこなのか。どうやって攻撃するのか。どうやって守るのか。これからが楽しみです。

 

他国の情報ですが、

アルゼンチン代表は危なげなく4-0で勝ってますね。支配率76%、シュート数21本(相手は1本)、メッシはハットトリックでディフェンス修正してきていますし、これは優勝候補間違いなしですね。フランス代表もアイルランド代表に2-0で勝ってます。支配率76、シュート数18本(相手5本)、強いですねー。上位3カ国には手堅く入ってきそうな2チームだと思います。

 

さて、本番前の親善試合は調整という意味で捉えられがちですが、非常に重要で、本番前に試合に負けて悪い雰囲気で本番も落としてしまう。というのはよくある話で、この親善試合の意味合いは大きいと思います。また、このスケジュールはハリルが決めたものだとしたら、今の日本代表には少し難しい親善試合となっているかも知れませんね。

 

競技でプレーされる方で悩む人は多いと思います。

大事な大会に向けて本番の相手の仮想とする相手と試合して、対策を練るパターンと、結果を重視して、勝って良い雰囲気で本番に挑むパターンと、どちらが良いのか。戦術的なチームは前者でしょうし、雰囲気を大切にするなら負けられないので、後者を選ぶでしょうし、チーム作りは年間を通して、いや数十年後を通して考えましょう。

 

 

それでは、フットサル好きなら当たり前・・・ part.8

 

いってみよ!

 

今回は人というよりは、プレースタイルです。強シューター特集です。弱シューターの皆さん必見。フィニッシュに課題のある人必見。強シュートはシューズから。筋力の問題だけではありませんので、これを観て、弱シューターを卒業しましょう!

 

シュートはゴールへのパス・・・だけじゃない。

 

 

 

 

ということで、豪快なシュートを決めたくなったら、思い立ったら個人サルへ

 

個人サルの近々の開催予定はコチラ

http://2036.jp/individual/

ご予約・お問い合わせなど、お電話(075-642-2036)かメールでお気軽にご連絡ください!(平日/10:00~26:00 土・日・祝日/8:00~26:00 )

このページの先頭へ